禁煙してても吸いたい、医学的な理論

喫煙者にとってタバコをやめるということは非常に耐えがたいストレスとなります。
タバコを吸えないということで非常に強いイライラを感じてしまうというのは、中には迷信や気の持ちようだというような人がいるのですが、実はこれは明確に医学的な理論が存在しています。
ではその禁煙の時のイライラの仕組みとは何かというと、これは脳のニコチン受容体の働きが関係しているのです。
人の脳にはニコチンと結合するニコチン受容体が存在しており、喫煙時にはタバコの煙とニコチンが肺から血中へ移動し、そしてニコチンは脳へ到達します。
脳に到達したニコチンはニコチン受容体と結合することでドーパミンという快感物質を分泌し、人の体は快感を感じるようになるのです。
この「ニコチンが身体に入ってくると快感を感じる」ということを脳が覚えることで、喫煙者は無意識のうちに「あの快感を味わいたい」という欲求を持つようになります。
この「タバコを吸いたい」という欲求は禁煙をしていない時だとそこまで問題にはなりませんが、禁煙中はその欲求を意図的に叶えないようにするのですから、非常に耐えがたい苦痛になるのです。
生物本来の欲求とはことなりますが、例えば毎日チョコレートを食べている人に対し、「明日から一切チョコレートは食べてはならない」と言ったような場合、これと同様のイライラを感じることでしょう。
しかし理屈で言えば、これはニコチンが欲しいという身体の欲求があるのであり、決してタバコが吸いたいのではありません。
そのためタバコ以外の手段によってニコチンを補給してやるようにすると、禁煙中のイライラは大部分が押さえられるようになります。
タバコをくわえて深呼吸をするという行為自体を習慣としている場合はニコチンを補給するだけで全てのイライラが解消できるわけではなくなりますが、医学的な理論から言うと、こうした理由があるためニコチンパッチが使われているのです。